未来を担う子供たちが健やかに育ちますように

   
     019-652-2910

事業   arrow

2022年度

 

認定NPO法人いわて子育てネットの歩み

 

■2002年(平成14年)

〇いわて子育てネット連絡協議会設立

 

■2004年(平成16年)

〇特定非営利活動法人格取得

 

■2005年(平成17年)

〇新体制 小林高理事長⇒村井軍一理事長

当事者中心⇒当事者+子育てに関心のある老若男女

〇厚労省「緊急サポートネットワーク事業」⇒預かりシステム

確実な事務処理

⇒ファミリーサポートセンターへ事業移行

〇岩手県福祉基金特別基金助成事業「若い親に子育ての大切さと楽しさを体験してもらう親子交流とそのサポート人材の育成」

〇平成17年度盛岡市夢シンクタンク事業「盛岡市子育て環境調査分析業務委託」

「子育てママ・パパが出かけるのが楽しくなるまち盛岡」

 

■2006年(平成18年)

〇岩手県子育てサポートセンター事業業務委託開始

「こんにちは、赤ちゃん」事業⇒産後ケアの重要性・行政と民間との連携の必要性提言

〇盛岡市つどいの広場KOKKO業務委託開始

 

■2007年(平成19年)

〇県医師会女性医師子育て支援事業業務委託開始

 

■2008年(平成20年)

〇にこにこ園開始(~2018年)

 

■2009年(平成21年)

〇にこにこサポート開始

 

■2010年(平成22年)

〇盛岡市つどいの広場にこっこ業務委託開始

〇結婚相談事業開始

 

■2011年(平成23年)

〇東日本大震災支援事業開始(~2016年

・新生児と母親及びその家族の受け入れ支援事業

・盛岡に避難してきた乳幼児家庭支援

〇Go!Go!ちびっ子ジムで汗をかこう!事業

・「出前ポコポコ」被災沿岸部

・被災乳幼児家庭支援事業

〇あい・アイハウス開事業開始

 

■2012年(平成24年)

〇室内運動遊び場「ちびっ子ジムJump!」開設(~2015年)

〇県子どもの遊び場復興支援事業

〇パパとキッズの森あそびクラブ開始

 

■2013年(平成25年)

〇運動遊びスキル研修

 

■2014年(平成26年)

〇親の子育て力のスキルアップ支援

認定特定非営利活動法人格取得

  名称変更 いわて子育てネット⇒認定NPO法人いわて子育てネット

 

■2015年(平成27年)

〇復興支援の担い手の運営力強化実践事業

・子育てに自信がつく、子育てが楽しくなる親支援スキルアップ事業

・連携地域の子育て力スキルアップ事業

「運動遊び」「アート遊び」「パネルシアター」「科学遊び」

〇森のようちえん「にこにこ園」

〇「にこにこDay」~季節の食育とお楽しみ会~5回

 

■2016年(平成28年)

もりおか子育て応援プラザ業務委託開始

私たちは盛岡の子育て応援団!もっと子育てしやすい盛岡にする事業

〇「青少年のためのライフデザイン」意識啓発事業

〇「盛岡市ライフデザイン支援事業」

 

■2017年(平成29年)

〇「結婚から子育てまるごと支援未来塾」

〇「多世代で考えよう子育て環境向上事業」

〇「世代をつなげる子育て文化の実践事業」

・ふるさと宝市

・子育て中の親子に伝えておきたいこと

 

■2018年(平成30年)

〇「幸せな結婚をしてほしい親の結婚支援事業」

〇「自然遊びクラブきらきらとっとこ推進事業」

 

■2019年(平成31年・令和元年)

〇「じぃじばぁばもね♪家族みんなの子育て応援事業」(三世代同居、近居に資する事業)

〇「こんなこと伝えておきたい盛岡のあれこれ」地元塾事業

〇「自然遊びクラブきらきらとっと子」

〇「乳幼児期の親子を対象とした公園での外遊び実施事業」

■2020年(令和2年)

〇「若者ライフプラン形成事業」(県委託事業)

〇「じぃじ・ばぁばもね♪家族みんなで、地域みんなで子育て応援事業」

〇「ようこそ盛岡へ」

〇「孤立する外国人親子のリモート子育て広場事業」

〇「赤ちゃんのきずなが深まる「赤ちゃんのリズム遊びサロン」

〇「子育てサポ―ター養成講座」

〇月曜日の会(自主事業)

〇Kenちゃんクラブ(自主事業)

 

■2021年(令和3年)

〇「ようこそ盛岡へ 春編・夏編・秋編・冬編」

〇「子育てパートナーミーティング~わたしたちのハッピーライフプランづくり~」

〇「孤立する外国人親子のリモート子育て広場事業」追加分

〇8月4日岩手県議会人口減少対策調査特別委員会にて講話

・多様化する子育て支援と地域子育て支援拠点施設の役割

・子育て世代の孤立、生活困窮からくる課題、行政が行うべき支援への提案

・育児・介護休業法の改正、男性の育児参加の推進を踏まえ、若い世代の段階からライフデザイン構築の必要性